ビンテージRussian MILスペックのコンデンサーを搭載した超HiFiクリーンブースター。
Leqtique史上、初となる1+(1)Knobレイアウトのエフェクターは、今まで培ってきた特殊なコンポーネンツの多様によるHiFiサウンディングの構築論をベースとし、超HiFiオペアンプLT1122とモスクワの電子部品倉庫に眠っていた、良質なビンテージのRussian MILスペックのコンデンサーを搭載したオリジナル設計のシンプルな回路により、すでに構築されたサウンドやギターの原音をそのままブーストアップする”ProVoost”として完成しました。

大きなチキンノブに与えられた”Boost”を0%にすることで、聴覚上ユニティゲインとなるように設計しているためブースターとしてではなく純粋なバッファーとしての利用にも最適です。

その際有効なのがミニコントロールの”Soft”です。このコントロールは電子回路的にはインプットインピーダンスをapprox 16kΩ~1.2MΩの広い範囲で可変します。

基本的には、左回りいっぱいSoft=0%として頂くことでインピーダンスの整合が行われ失われていた高域の輝きが取り戻されたサウンドになりますが、逆にそれがナチュラルでないと感じる場合にこのSoftコントロールを右回りに回していくことで過度にON/OFFで音質差をつけないようにし、ソフトなサウンドにすることができます。一番右回しにした状態のインプットインピーダンスは非常に低い値なので、音量も少し下がるものの(その際、Boostで音量は調節いただいても問題なく、インピーダンスに影響しません。)高域をだいぶソフトにできるため、積極的なトーンシェイパーとしても有用です。

一方Boostコントロールは、ノイズレスに各帯域をなるべくフラットに、それでいて破綻しないようなapprpx 20dBのブースト量を備えています。
ボリューム、ないしはゲインブースターとして利用する際に、まずはSoft=0%としてブースト量を調整し、その量に応じて(ブーストされるほど、倍音感も強まるため)、Softを右回しに回していき、最終的な音作りをするというのが推奨の使用方法です。

アウトプットインピーダンスの極めて小さなエフェクターの後や、アクティブピックアップのギターからProVoostに繋がれた場合、”Soft”コントロールの効きが弱まりますが、設計上の仕様となります。

きょういくで、あしたへいく。
2016年10月04日

憧れの Leqtique バッファー【池袋店】 ブースター レクティーク VOOST PRO /-その他

キヨタ おでかけヘッドガード(キャスケットタイプ) /KM-1000G M ブラック 黒

世界寺子屋運動のニュース一覧
地球のたからを、あしたへとどける。
2016年07月19日

憧れの Leqtique バッファー【池袋店】 ブースター レクティーク VOOST PRO /-その他

2016年7月10日~7月17日までトルコのイスタンブールで開催された第40回世...

憧れの Leqtique バッファー【池袋店】 ブースター レクティーク VOOST PRO /-その他

2016年07月29日

憧れの Leqtique バッファー【池袋店】 ブースター レクティーク VOOST PRO /-その他

SAKAE/サカエ 【代引不可】計測器架台 KFP-180

憧れの Leqtique バッファー【池袋店】 ブースター レクティーク VOOST PRO /-その他