商品の特徴

コンクリート充填検知システムは、コンクリート打設の際に型枠の形状や複雑な配筋のため、目視で確認できないコンクリートの充填位置を確認できるシステムです。検知システムは、わずか2cm程のセンサーを、確認が必要な場所に取り付けることにより、コンクリートの充填を検知することができます。また、複数のセンサーを取り付けることにより、充填状況がリアルタイムに把握でき、適切・確実なコンクリート打設が行えます。

  • 自己診断機能・断線検出機能付
  • 判定しきい値(抵抗値:Ω)の上限・下限の調整可能です。
  • 最大充填検知箇所は12ヶ所で、検知センサー線は30mです。
  • 付属のUSBメモリを使用し、経過時間に対応した充填状況のデータを記録します。
  • 本体のPC通信端子とパソコンをケーブルでつなぎ、専用ソフト(付属)をインストールすることで、パソコン画面で設置した検知センサーの充填状況をリアルタイムに確認できます。
  • 外部出力端子を使用し、連動装置(別売・特注:バイブレーター等の使用台数により異なる)を介して、バイブ レーターや自振モーター等を充填状況に応じて連動動作が可能になります。

シリーズ一覧
型式寸法(mm)電圧(V)単相チャンネル数しきい値(Ω)質量(kg)
CF-10286×185×9010010固定3.0
CF-12288×220×89100~24012調整可能2.3


 

春のコレクション 三笠産業 CF-10 コンクリート充填検知システム-その他

春のコレクション 三笠産業 CF-10 コンクリート充填検知システム-その他

春のコレクション 三笠産業 CF-10 コンクリート充填検知システム-その他

春のコレクション 三笠産業 CF-10 コンクリート充填検知システム-その他

春のコレクション 三笠産業 CF-10 コンクリート充填検知システム-その他

【二次】プリーツスカートってよくない?【画像】 その4