新入荷 人物画 美術品 絵画 版画 A1425 橋口五葉『浴後の女』木版画 ● 復刻手摺り木版画 樋口五葉 裸婦 新版画 浮世絵 美人画 人物画 版上サイン 箱付き 額縁は新品 良好 新版画-木版画








商品の詳細
作家名橋口五葉
作品名浴後の女
技法木版画
額寸ヨコ435xタテ527 (mm)
絵寸ヨコ260×タテ410 (mm)
復刻手摺り木版画 新版画 ■作品の状態:良好(シートのマージンにややヤケがありますが、版面は良好です) 額縁は新品 ■額付き かぶせ箱付き 版上サイン、落款 マージンに不二版あり ■原画制作年:1920年(大正9年)
■作家:橋口五葉(はしぐちごよう) 
1881年(明治14年) 鹿児島県生まれ
1905年 東京美術学校西洋画科を首席で卒業。在学中より雑誌「ホトトギス」に挿絵を描き、それが夏目漱石に認められ「吾輩ハ猫デアル」の装丁を手掛ける。
1911年 三越呉服店の懸賞ポスターに応募した「此美人」が第一等に選ばれる。
大正期 学生時代から興味を持っていた浮世絵研究を本格的に始める。
1914年 「美術新報」に研究論文を発表。浮世絵研究と同時に、木版画制作に傾倒していくなかで、版元・渡邊庄三郎と知り合う。
1915年 新版画運動の記念すべき第一作「浴場の女」を制作
1918年 版元を離れ、自ら彫師と摺師を抱えて制作する
1921年 41歳で髄膜炎にて早世
残した版画作品は渡辺版も含めてもわずか17点、没後に版木が受け継がれ完成した作品も7点に過ぎない。モダンでエロティシズム漂う美人画から「大正の歌麿」と称された。
他の橋口五葉◆作品を検索